代表挨拶

社長

製造業は日本を支える基盤産業です。 その中で、自動車は日本を代表する製造業の製品です。

 ご存知の通り、日本の自動車は世界中から評価されています。 それらの自動車の部品を一井は創っています。 そして一井で造られた自動車部品は自動車となり、現在も世界中で走っています。 これは、すごいことだと私は思います。

 世界中の人たちの夢と命を乗せ、世界中で愛される製品の一部を私たちは創っています。一井は創業から現在まで一貫して自動車部品を製造してきた会社です。 幸いにも一井はお客様に恵まれ、様々な技術や管理手法を習得しながら成長してきました。

 これもひとえにお客様のご指導があったからに他なりません。 時代は刻々と変化してきております。 当社も時代の変化に伴い、国内型企業から国内を含む海外での対応を可能にした企業へと変化しなければなりません。 我々の業界もグローバル化には逆らえない時代になってきました。 企業が国際化していくためには、言語だけではなく文化も理解しなくてはなりません。 自分たちの常識も外国から見れば非常識なことがたくさんあります。

 つまり、時代・環境の変化に合わせ、我々にも「変化」が必要です。 環境の変化に対応するために、私たち一井もそれに合わせて変化しなければ、恐竜が絶滅したように企業も淘汰されてしまいます。 約半世紀に渡り一井は現在まで成長し続けました。

 自動車産業は、今後何年も、間違いなく成長産業です。 しかしながら、それが「日本国内で拡大する」か、「縮小する」かは別の話であり、世界的に観て「成長し拡大する」という話です。 一井が、これからも成長し、必要とされるよう存在し続けていくために変化を恐れず、常に「明日を生きる企業」を目指し、「現在は昨日までの結果。よって、現在(いま)を明日のために」を忘れず努力し続けます。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


+ 続きを読む
signature

株式会社一井

会社説明

事業紹介

自動車部品加工

自動車部品加工

金型玩具設計制作

金型治具設計製作

一井の評価制度

自動車部品加工

能力や貢献度を評価

自動車部品加工

毎月1回の上長面談

キャリアアップ

キャリアアップ

会社概要

社名

株式会社一井

創業

昭和45年5月1日

資本金

8,000万円

代表者

代表取締役社長 井川秀樹

従業員数

本社・岡山工場 143名
総社工場    13名
九州工場    204名

敷地面積

岡山工場  13,760m²
総社工場  2,019m²
九州工場  60,513m²

建物面積

【本社・岡山工場】
工場: 8,417m² 事務所: 571m²
【総社工場】
工場: 1,355m² 事務所: 142m²
【九州工場】
工場: 18,260㎡ 事務所: 742m²

関連会社

【中国法人】
一井汽车部件(丹阳)有限公司
【インドネシア法人】
PT. ICHII INDUSTRIES INDONESIA

事業内容

自動車の部品加工
特殊ボディー製造
金型・治具設計製作
試作品特殊板金加工

取引銀行 (順不同)

伊予銀行
日本政策金融公庫
商工組合中央金庫
広島銀行
中国銀行
四国銀行
福岡銀行

主要取引先 (順不同)

三菱自動車工業株式会社
ダイハツ工業株式会社
ダイハツ九州株式会社
トヨテツ福岡株式会社
東プレ株式会社
東プレ九州株式会社
NSKステアリングシステムズ株式会社
ナガタコーギョウ株式会社
株式会社エイチワン
テクノエイト株式会社
株式会社ディーアクト
株式会社TF-METAL

「子どもたちに夢を!」
一井はファジアーノ岡山を応援します。

マイナビ2024

株式会社一井YouTube

オカジョブ2025